読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清坐乃遊

私が大好きな茶道・着物を中心に 日本の伝統文化など様々な趣味の世界をお伝えします

和心と自分スタイルの仕事を手に入れる ~辛口コーチングセミナー

渡仏の思い出 〜part7〜

愛知 安城 三河 茶道 Lyon フランス

 《和心魔女》の未来コーチング  のブログにお越し下さり、ありがとうございます♡

 

渡仏の思い出 〜part7〜
 

〜part1〜渡仏の思い出 〜part1〜 - ≪和心魔女≫未来コーチング
〜part2〜渡仏の思い出 〜part2〜 - ≪和心魔女≫未来コーチング
〜part3〜渡仏の思い出 〜part3〜 - ≪和心魔女≫未来コーチング

〜part4〜渡仏の思い出 〜part4〜 - ≪和心魔女≫未来コーチング
〜part5〜渡仏の思い出 〜part5〜 - ≪和心魔女≫未来コーチング

〜part6〜渡仏の思い出 〜part6〜 - ≪和心魔女≫未来コーチング

 


リヨンでの1日 午後の部
 

領事館を離れ、Sさんとお約束している旧市街地にあるBrasserie Georges というレストランへ。
このお店は1856年から続く老舗のレストランです。
ここで初めてSさんにお会いしました。
とても小柄で、黒髪のオカッパで颯爽と登場!

 

実は、大学の修士論文の提出後で
一年の中で一番忙しい時期にも関わらず、
私達のためにお時間をくださいました。
本当に有り難かったかったです。

 

リヨン名物を食べながら、

紹介頂いたことの御礼を始め、茶道のこと、アイデアや他愛もないことをお話しさせて頂きました。

 

それだけではなく、

メールでのビジネスマナーや御縁の大切さなど、厳しいご指導もくださいました。

この歳になると、人から教えて頂くことが少ないので、為になり有難いお話でした。

 

ランチ後、Sさんがご紹介くださったロリスさんに会うため、人形劇場であるギニョル劇場の近くへ移動。

f:id:sumika_morita:20161002214457j:image

Sさん、ロリスさんとパチリ✨

 

ここでSさんとはお別れです。

 

ロリスさんのお父様が、人形劇場のディレクターをしているので、

その劇場の一室でお茶会をしてみたら如何ですか?

とのお話しを頂いていたのです。

 

とはいえ、私は帰国してしまうため、瑠美先生がお一人でお茶会をしないといけません。

瑠美先生…不安で

「多分無理だと思う…出来ない…御断りしなくちゃ…」

と。

 

ん〜困ったな〜

とは思ったものの、

ここまで来て出来る出来ないは会場見てから!

と、私は腹をくくっていました(笑)

 

f:id:sumika_morita:20161002215132j:image

右側のオレンジ色の建物がギニョル劇場です。

 

そして見せて頂いたのがこの部屋!

f:id:sumika_morita:20161002215410j:image

地下室ですが、石で作られた部屋でとても幻想的です。

静かで茶道にハマる!

 

そんな感覚を瑠美先生も感じたのか

「素敵な部屋!やりたーい!出来るかな〜」

と声がでました。

 

「出来ます!出来ます!」

と答えた私でしたが、内心ホッとしました。

 

ロリスさんは日本にも10年以上在住していらっしゃったとのことで、日本語はペラペラ。

奥様も日本人(笑)

心が日本人より日本人❤️

とても親切で優しい方で、茶道が出来るようにとても協力してくださいました。

 

Sさんも

「ロリスは力になってくれると思いますよ。」

と仰っていたほど。

 

 

ということで、お茶会開催決定!

安心しました。

 

 

帰り道は気分を変えて、リヨンの旧市街にあるサンジャン大教会を観光です。

f:id:sumika_morita:20161002220334j:image

f:id:sumika_morita:20161002220538j:image

ステンドグラスが全面にあり、素晴らしい教会です。

 

f:id:sumika_morita:20161002220758j:image

ソーヌ川を渡りながら、18、19世紀の建物を背に

 

 

リヨンの観光はサンジャン大教会以外できなかったので、

再訪したい街になりました。

とても、ゆったりと落ち着いた街で、田舎者の私には合っていました。

次回は…じっくりリヨンの街を堪能したいです。

 

リヨン訪問は濃厚で印象深い日となりました。

帰りのTVGに乗りながら、瑠美先生と今後のことなどお話ししました。

 

私は翌日帰国です。

一人でParisに残る瑠美先生のことが心配ですが、

後ろ髪引かれながら翌朝空港に向かいました。

 

帰国に際して は 〜part8〜へ